Loading

Concept ~活動への想い~

WEB開設にあたり

わがまちに誕生した『キセラ川西せせらぎ公園』、そして『藤ノ木さんかく広場』 数あるまちのポテンシャルから、新しく誕生したふたつの公共空間での市民主導の活動にスポットを絞り、そこで出逢い広がるネットワークから、それぞれの日常が見えてくる。そんなまちの魅力『ひと』をご紹介しながら、この時代(とき)をご一緒しませんかとの想いで、ホームページ開設にいたりました。

キセラ川西に完成した防災機能を備える大型都市公園『キセラ川西せせらぎ公園』隣接する『せせらぎ遊歩道』の設計施工の段階から、市民の方々が積極的にワークショップなどに参加され、現在の公園のかたちを創り上げてきました。今後も私たちらしい発想と工夫で、まだまだ発展していくパブリック空間です。現在も公園利活用に夢を馳せる方々が集い『キセラカフェ』や『ワークショップ』など、ソフト面とハード面の整備が引き続き進められています。せせらぎ遊歩道ワークショップから生まれた『自然観察の活動』、せせらぎ公園ワークショップから生まれた『プレーパークの活動』、中央北地区にシンボルの地が誕生した時、まちのポリシーを表現する容になればと続けてこられた『かわにし音灯りの活動』などなど、さまざまな活動が展開されています。

そして、阪急川西能勢口駅東地域の賑わい創出や、川西能勢口駅前からキセラ川西までのインフォメーション役に、利用が開始された『藤ノ木さんかく広場』。都会の真ん中にぽっかり空いた公共空間を、気取ることなく普段使いをしながら、時には集客イベントも行う。周辺の事業者とともに賑わいづくりを楽しもうと、市民が主体となっての活動が始まっています。それぞれのやりたいこと、できることで関わり。考え、悩み、涙し、感動し。。。 パブリック空間を通じた、ひととひとのつながりづくりは、信頼・尊敬・愛でつながる『かわにしファミリー』を育み続けるんだと確信しています。ほんの少しの時間でも結構です。一度、覗いてみませんか。『ミーツ・ザ・トライアングル』あなたは、ここで何に出会う?

このまちのポテンシャルは、北部地域から南部地域にかけて多種多様に点在します。その可能性を、どこのまちにも劣らない最大の力として発揮させるのは、まちへの愛、まちへの感謝を持った市民がひとりでも多くいることだと思います。そんな提案を限りなく発信できる、ふたつの新しく誕生した公園と広場であってほしいと願います。

愛する家族、恋人、仲間が住む、このまちは自分自身そのものなんだ。

『アイ・ラブ・かわにし』から、『アイ・アム・かわにし』へ。

2010年10月 このまちをみんなで動かしていこう! どこのまちにも負けないまちにしよう!じゃあ何から始める? そこから誕生した音と灯りのイベント『かわにし音灯り』 毎年半年以上に渡る企画会議や運営準備。そこで関わる、ひととひと、ひととまち。出逢いの時間は、忘れかけていた優しさ、豊かさ、愛しさを想い出させる関係へとつながっていきます。

街はカーニバル!!プロジェクトとは、特定の活動を目的としたグループではなく、ひとつのイベントを企画する実行委員会でもなく、さまざまなマネジメントを通じて、まちとの関わりを学んでいく緩やかな集合体と考えています。特定の方だけのものではなく、より幅広く多くの方に参画の輪が広がり、それぞれが、できること、やりたいことを気軽に関われる機会を創出しようと発信しています。

それは、かわにし音灯りに例えれば、キャンドルシェードの制作や飾りつけであったり、ステージパフォーマンスでの関わりであったり、自慢の料理や工芸品を販売する野外出店での参加であったり。まさにイベントは目的ではなく、ひととまちがつながる手段であるといえます。

多様なひとが集い、学び。そして個々の日常の活動(生活)にフィードバックさせていく・・・

多方面で活躍される多くの方々との出逢いと共鳴は、さらなるまちへの愛着を育み、『モノ・こと』が地域で循環する社会を再構築し、豊かな生活と不安のない社会を実現させるものと考えています。

まちに愛を。ひとに愛を。 心にシビックプライドを。

 

街はカーニバル!!プロジェクト 代表幹事 荻田雅仁

 

 

Instagram

Instagram
PAGE TOP