Loading

かわにし音灯り2012

2回目の開催となった音灯りは、川西のシンボルのひとつに今後なるであろう中央北地区再開発地での開催となりました。

まちのポテンシャルを存分に活かしたいと願っていたところ、またとないチャンスです。

せっかくの機会なので、再開発地を支えた産業遺産を改めて心に焼き付けようと、

開催前の春先、川西能勢口駅前から中央北地区まで、まち歩きイベントを行いました。

一時代を支えた、工場群たちの存在は圧巻でした。ここにあった文化をどのように歴史へ刻み、

明日へ繋がるか参加者で語らいました。

そして、今年の音灯りは、そんな願いを表現したい。。。

今年のテーマが固まりました。 ~ 新しいまち誕生へ、夢と希望 ~

当時の川西市総合体育館の西側通路です。

ここに、せせらぎ遊歩道という、その幅16メートルのなかに、小川と並行した遊歩道が作られる予定です。

将来に完成する遊歩道での開催に見立てて、今年のキャンドルの飾り付けが始まりました。

この頃からでしょうか。音灯りの模擬店のことを、せせらぎモールと呼び始めたのは。

隣接してその勇姿を残していた、産業遺産にキャンドルの明かりを照らしてまちの歴史を案内するゾーンも設置しました。

夢にまで見た念願の地に、ついに音灯りがやってきました。

 

Instagram

Instagram
PAGE TOP